新住協からのおしらせ
■新住協や各メンバーからのおしらせを随時掲示しています■
画像が表示されている情報は、写真をクリックすると大きい画像をご覧いただけます

北の住まいづくり&住宅リフォームフェアのご案内

新住協の高断熱住宅技術 総合研修会 受講者募集のご案内

経済産業省の平成19年度「省エネルギー開発・利用・普及優良事業者等北海道経済産業局長表彰」に表彰されました。

これより古い情報につきましてはバックナンバーをご覧ください。

北海道新聞2014年4月4日(金)全道版に新住協北海道が取り組む家づくりと、見学会についての広告を掲載しました。
2014/05/12

北海道新聞2014年4月4日(金)全道版に新住協北海道が取り組む家づくりと、見学会についての広告を掲載しました。
同様の広告を3月20日の全道版にも掲載しました。
暖房エネルギー1/2に取り組む新住協の活動を知っていただくきっかけになりました。

1/2の暖房費でも暖かく暮らす 【入場無料】
2014/03/20

■日時 平成26年3月29日(土) 開場13:30 開演14:00
■会場 旭川市神楽4条7丁目 旭川大雪アリーナ1階 多目的ルーム
講師:NPO法人 新木造住宅技術研究協議会 代表理事 鎌田 紀彦
◆プロフィール
室蘭工業大学特任教授・工学博士


北の住まいづくり&住宅リフォームフェア 【入場無料】
2008/04/14

■日時 平成20年4月27日(日)13:30〜16:30
■会場 北海道旭川高等技術専門学院(旭川市西神楽4線5号)

■第1部【13:30〜14:30】
『すまいづくり相談会(新築・リフォーム)』
新築からリフォームまで住まいづくりの専門家集団がお答えします。
→省エネ化のポイントや住宅改造資金補助金制度の紹介

■第2部・住まいづくり講座【14:30〜16:30】
『失敗しない住まいづくり&リフォームのここがポイント!』
あなたにも建てられる 北方型200年住宅
講師:北海道立北方建築総合研究所 居住科学部長 福島明
◆プロフィール
北海道立北方建築総合研究所 部長
『北方型住宅』の立ち上げから参加し、技術基準の設定、技術者育成に携わる。

■最新住宅資材展示コーナー
・省エネ関連商品展示

■北方型住宅展示コーナー
・北方型住宅パネル展示
・書店に無い住まいづくり&リフォーム
・ガイドブック無料配布

■NPO法人 モデルハウス紹介
北方型住宅
Q1 200o断熱モデル公開

>詳細はこちら(PDF)



主催:NPO法人 新住協 旭川支部
後援:北海道
協力:北海道立北方建築総合研究所
協賛:硝子繊維協会・ほくでん・旭川ガス・松下電工


新住協の高断熱住宅技術 総合研修会 オープンセミナー受講者募集のご案内
2007/03/7

オープンセミナー「断熱気密 開口部 暖房換気の基礎講座」

【会場】 札幌市北区民センター
住所 〒001-0025 札幌市北区北25条西6丁目
電話 011-757-3511
【日時】 3月27日(木)、3月28日(木)、3月29日(木)の3日間

■内容 最新のエコ暖房設備、ガス 電気 ヒートポンプ 5社の省エネシステム提案
新在来木造構法基礎講座と暖房、換気の施工
■総合講師  室蘭工業大学教授 鎌田紀彦先生

◆最新のエコ暖房設備
■日時  平成20年3月27日(木) 午後1時30分〜5時 (受付1時より)
■テーマ
1.「ほくでんサービス 電化暖房と料金メニューについて」
2.「三菱電機 空気熱源HP暖房 エコヌクール」
3.「サンヨー 空気熱源CO2冷媒多機能型HP」
4.「サンポット 地中熱源HP暖房」
5.「北ガス エコウィル・エコジョーズ」
■会費  会員:無料  会員外:1000円
■定員 60名

◆新在来木造構法基礎講座及び暖房、換気の基本設計
(両日とも同内容につき受講日選定のこと)

■日時
平成20年3月28日(金) 午前10時〜午後4時 (受付9時30分より)
平成20年3月29日(土) 午後10時〜午後4時  (受付9時30分より)
■テーマ
1.新在来木造構法
2.施工の要点解説 (基礎、壁、天井、屋根、開口部の納まり模型解説
3.熱計算
4.暖房設備と計画
5.換気設備
■受講料
会員:1000円 会員外:2500円+テキスト「新在来木造構法マニュアル」 2000円
■定員 60名
■申込締め切り 3月22日

参加申込書

経済産業省の平成19年度「省エネルギー開発・利用・普及優良事業者等北海道経済産業局長表彰」に表彰されました。
2008/02/21

経済産業省の平成19年度「省エネルギー開発・利用・普及優良事業者等北海道経済産業局長表彰」に表彰されました。
  • 新住協北海道ブロックが、北海道経済産業局から、平成19年度エネルギー開発・利用・普及優良事業者として、北海道経済産業局長から、永年の活動に対して表彰されました。高性能住宅分野では初の受賞です。2月20日札幌で表彰式があり、鎌田代表理事と安田元理事長、札幌支部 斎藤さん、武部さんの各役員が式に出席されました。(写真)
  • 鎌田代表理事と安田元理事長、札幌支部 斎藤さん、武部さん
◆エネルギー開発・利用・普及優良事業者の表彰とは
表彰の目的:北海道に於けるエネルギー開発、有効利用及び啓発普及に関し、著しい成果及び功績があり他の模範となる者を表彰し、もって、エネルギーの高度利用の促進及び技術の向上並びに地域の振興を図ることを目的とする。
◆新住協の表彰理由
活動開始以来約20年にわたり、大学と地域工務店、北海道庁が連携し、高断熱高気密住宅の研究開発を重ね、その普及啓蒙にあたってきた。その過程で「新在来木造構法マニュアル」を提示すると共に、省エネ基準の見直し等に合わせてマニュアルの見直し、拡充を行うなど、住宅の高性能化を設計施工両面から支える取り組みを継続し、今日まで道内外の住宅性能の向上に貢献。高性能住宅関連では初めての受賞。(以上、北海道経済産業局の表彰文書より)
  • 新住協北海道ブロック 表彰式
  • 新住協北海道ブロック 表彰式

平成19年度「省エネルギー月間北海道地区表彰式」等について


「北海道研修会」のご案内
2007/08/22

テーマ1 オープンセミナー「断熱耐震改修」

【札幌会場】  9月11日(火)北海道自治労会館 13:30〜17:00
電話  011-747-1457
住所  札幌市北区北6条西7丁目 

【旭川会場】 9月18日(火)大雪クリスタルホール2F 13:30〜17:00
電話  0166-69-2000
住所  旭川市神楽3条7丁目 ※会場詳細は申込書に記載されています

■講師  室蘭工業大学教授 鎌田 紀彦 先生
■テキスト  新住協技術情報32号「ローコスト断熱改修」
■会費  会員 2000円 会員外4000円(1社2名から、1名につき1000円割引)一般ユーザー500円
■定員  札幌会場 150名程度 / 旭川会場 90名
■申し込み方法  お申し込み・詳細は「参加申し込み」ボタンより申し込み書(PDF)を
ダウンロードしてFAXにて開催日3日前までお申し込みください。

テーマ2 Q=1.0プロジェクト、その後・・室内への蓄熱

【札幌会場】  10月16日(火) 北農健保会館 13:30〜17:00  ※本テーマは全道1カ所のみです
場所  ホテルノースイン札幌 北農健保会館 3階大会議室
住所  札幌市中央区北4条西7丁目1番4 

■講師  室蘭工業大学教授 鎌田 紀彦 先生
■テキスト  Q=1.0プロジェクト 「室内への蓄熱」
■会費  会員 2000円 会員外4000円(1社2名から、1名につき1000円割引)
■定員  100名程度
■申し込み方法  お申し込み・詳細は「参加申し込み」ボタンより申し込み書(PDF)を
ダウンロードしてFAXにて開催日3日前までにお申し込みください。

参加申込書

「新住協のQ1住宅セミナー」のご案内
2007/03/13

NPO法人「新木造住宅技術研究協議会」

3回シリーズの最終回。技術編です。
去る1月20日札幌、2月10日旭川にオープンセミナーとして
ユーザーも交えて開催されました。両会場とも200人を越える実質入場があり、
省エネルギー、温暖化対策への関心の高さがあらためてうかがわれました。
今回はその技術編として、建築設計業者を対象として開催いたします。

■日時   3月27日(火) 午後13時30分〜17時
■場所   北海道自治労会館 札幌市北区北6条西7丁目
■受講料 1000円(会員無料)
■申し込み方法  お申し込み・詳細は「参加申し込み」ボタンより申し込み書(PDF)を
ダウンロードしてFAXにてお申し込みください。

参加申込書

新住協の市民住宅セミナーのお知らせ 「暖房エネルギーを1/2にする高断熱住宅」
2006/12/15

テーマ「暖房エネルギーを1/2にする高断熱住宅」

講師 NPO法人新住協代表理事 鎌田紀彦 室蘭工業大学教授
主催 NPO法人 新木造住宅技術研究協議会

工務店、設計事務所の専門家も、一般市民も、だれでも参加できます

■受講料  500円(資料代) 資料1「百年住宅をめざして」資料2「Q1.0住宅の提案」
■第1回会場 札幌市 アスティー45  平成19年1月20日(土) 10時30分〜16時30分
■第2回会場 旭川市 クリスタルホール 平成19年2月10日(土) 10時30分〜16時30分
■申し込み方法  PDF参加申込書4Pの用紙にてFAXまたは新住協のホームページにて申し込み下さい。
■新住協本部ホームページ http://www.shinjukyo.gr.jp/

参加申込書
▲先頭へ戻ります